C.BANIRA の scratch pad for QMA7(予定地)
3からQMAを始めた自称ザコキャラのブログ。6を全くプレイしていない状態からのリハビリ日記をつらつらと。
カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

C.BANIRA

Author:C.BANIRA
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出題形式についての感想
 私は仕事ではもちろん、遊びであってもきちんと休息を取る事を心がけます。ここのところ立て続けにプレイしている割には成果が上がっていないので、今日はQMA3のプレイはお休みにします。

 だからといってブログの更新をしないでいるとサボり癖がついてしまうので、傍から見ればつまらない話になりそうですが雑談程度でもなるべく更新をしていくつもりです。

 相当苦労してますが今現在ユニコーン組で戦う事が出来ているので、10の出題形式に関しては一通り経験いたしました。そんな訳で、今回は一通りの出題形式について感じている事を書いてみます。


  順番当て:私がユニコーン組で戦う事になって日が浅いのでサンプルが少ないのですが、比較的易しい問題が多いような気がします。私が正解するのには有難い話ですけど、ある種タイムアタックになってしまっているのも事実でしょう。

  一問多答:今の所、これが私にとって最大の難関ですね。経験上4つ全てを選択すれば正解になる問題が少なくない気がするのですが、私がこれをやるとほぼ外れます。どうせ分からない問題ですから、失敗してもダメージは残らないですが。

  エフェクト:私は殆ど問題文だけを見て回答するようにしているので、動き回っている漢字を頼りに回答する事は少ないです。問題文が見辛いなぁと感じる事が多いのであまり好きではありません。

  キューブ:こちらもエフェクト同様問題文をメインにして回答しています。但しこちらは正解の文字列そのものが表示されているので、濁点の有無等の確認の為に全ての文字に目を通してからOKを押すようにしています。

  タイピング:この方式は嫌いではありません。純粋に知識が問われるので、どちらかと言えば好きな方です。ですが他人と比べるとタイピングスピードが劣るから、決勝でこの方式を選択する事は無いと思いますけど。

  四文字言葉:この方式は私のお気に入りです。一度のタイプミスさえ許されない緊張感がある上に、山勘で正解するのも容易ではない所がまさに決勝向きの形式だと思います。ジャンルはその都度変えていますが、私が決勝進出をした時は殆どこれを使います。

  並べ替え:最高9文字を並べ替えるのは意外と難しいです。私は当初これを決勝で選択していましたが、5文字程度の並べ替えだと結構あっさり正解されてしまうので使うのを止めました。

  連想:私の場合最初のヒントで見切って失敗するか、最後のヒントまで引っ張って正解するかのどちらかになる事が多いです。どちらにしても弱みになるのは確かなので、避けて通りたい形式である事は間違いありません。

  四択:正直この形式が一番落ち着きます。今までのクイズゲームで経験したノウハウもあって、勘で回答して正解する確率も他の形式とは比べ物にならない位高いです。ただ一つ、過去のクイズゲームでは殆ど無かった引っ掛け問題にあっさり引っ掛かるのが悩みの種ですが。

  ○×:当たり前の事ですが、正解する確率は50%です。ですが、私は2択の問題が大の苦手です。勘で答えた問題だけに限れば、正解率は恐らく4割を切っているでしょう。点数の兼ね合いで考える猶予もさほどありませんし、3回戦で出て来ない事ようにひたすら祈る毎日です。


 今まで書いてきた内容だけで私が特定される事はまず無いでしょうが、私が決勝の相手になった時は「一問多答」、「エフェクト」、「連想」、そして「○×」のどれかを選べば勝てる可能性が高くなると言う事です。一応私も、このままにしておくつもりはないですけどね。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。