C.BANIRA の scratch pad for QMA7(予定地)
3からQMAを始めた自称ザコキャラのブログ。6を全くプレイしていない状態からのリハビリ日記をつらつらと。
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

C.BANIRA

Author:C.BANIRA
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続きですよ
 今日の記事は、昨日の続きで中盤戦の結果発表です。だから、前置きはこの程度にして早速本題に移ります。

 中盤戦からはかなり成績が上下動します。でもこれは出題形式のせいではなく、単なる自爆なので誰にも文句は言えません。

 私は長時間同じ事を続けるのは苦にしない方ですが、ここ最近その最中に何かしら変化が欲しくなるのです。

 そんな悪癖が出始めたのがちょうどこの時間帯で、このとき私が変化を付けるのに選んだ方法は「即ダイブ」でした。しかもダイブに好都合な「○×」、「四択」、「連想」、「一問多答」が多く出題されたので、余計に拍車がかかってしまったんですよ・・・。

 運良く0点での予選落ちは一度も無かったのですが、当然正解率は目も当てられない事に。但し学問だけは、出題が極端に減っていて殆ど影響を受けなかったですね。

 そんな中盤戦の結果は、9位、12位、7位でペガサス組降格。優勝してケルベロス組へ逆戻り。

 次のプレイでは2位だったのに得点が低すぎて、たなぼたのペガサス組降格。次に優勝したら即ケルベロス組へ戻されましたけど。

 後は2位、優勝、7位、7位の順でした。早い話、予選落ちしている回は即ダイブで自滅したと考えて間違いないかと。

 今振り返ってみると、この時はいくらダイブとは言え当たらなさ過ぎです。まるで持って生まれた運の無さを象徴しているかのようでした。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。