C.BANIRA の scratch pad for QMA7(予定地)
3からQMAを始めた自称ザコキャラのブログ。6を全くプレイしていない状態からのリハビリ日記をつらつらと。
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

C.BANIRA

Author:C.BANIRA
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「結果は気にならない」と言うと嘘になる
 昨日からタイピングのやり方を変えた事は既に書きましたが、その成果はと言うとサッパリ上がっていないのが実情です。以前のユニコーン組だとボーダーライン上の争いでは1点差以内の競り合いを演じていたのに、現在は2点近く離されてしまっています。

 こういうデータが出てくるとさすがに凹みます。結論を出すのはまだ早いと判っていても、元に戻した方が良いのだろうか?なんて考えてしまいます。

 ここまで数値が悪化すると、当然ユニコーン組でも全く勝ち目はありません。しかも今日は3回戦の出題形式が殆どタイピング系だったので、決勝進出すら出来ない有様でした。その詳細は続きをご覧になって下さい。

 最初のプレイでは2回戦でエフェクトが来て10位、2回目は3回戦が○×で7位。その後は3回戦が芸能のタイピング系ばかりになって6位、7位、5位の順。

 気を取り直して臨んだ後半でしたが、1回戦で芸能一問多答に撃沈して15位。その後も3回戦の出題形式に恵まれず5位、5位、6位、6位の順。

 最後に泣きの一回でようやく決勝進出したものの、結果はあえなく3位。しかもペガサス組に昇格してしまう余計なオチまで付く始末。終了時の階級は大魔導士3級です。

 現状でせめてもの救いは、不正解だった問題は全て未見の問題だった事ですね。未見かどうかまでを判別出来ているのですから、記憶力は着実に向上していると言えますから。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。